Phrénologie 骨相学モデル I  AD771

19世紀 ナポレオン1世の専属医によって造られたと言われるPhrénologie 骨相学頭部模型2個セット
こちらは学習用に作られたレプリカで19世紀末 フランス
脳と頭蓋骨の関係の学問である骨相学に基づいて造られました

セットで所有している骨相学のモデルとは異なり素材は石膏です
骨相学とは、18世紀後半ドイツのフランツ・ヨーゼフ・ガルによって研究され、19世紀にヨーロッパを中心に広がり、脳の器官機能の差が頭蓋骨の大きさや形に影響するという学説である
この模型は人間の頭の形を研究することにより、頭の形 頭蓋骨の形状と性格などとの関係を研究したものであり、オリジナルは60種あるようです
人種差別や植民地支配の正当化に利用されるようになり、その後20世紀になり骨相学は否定されました
しかし、歴史上とても興味深い説であります
頭に脳の地図と呼ばれる部分わけがされていますが、消えていてほぼ確認できません
ウィキペディアによると、脳は色、 音、言語、名誉、友情、芸術、哲学、盗み、殺人、謙虚、高慢、社交などといった精神活動に対応した27 個の〈器官〉の集まりであるとされていたようです
胸の部分に人物像が書き込まれていますが、消えてしまっていて読む取ることができません
前の3体に比べて表面の艶がありません
小さな欠け・顎に削げ・傷・スレ・修復跡・塗装剥がれなどあります
※装飾品は含みません

サイズ:大きい方 約23.8×23.8×57.2

¥17,280  ポイント:300pt