Phrénologie E  APH005

19世紀 ナポレオン1世の専属医によって造られた頭部模型
脳と頭蓋骨の関係の学問である骨相学に基づいて造られました
オリジナルは60個コンプリートのミュージアム・アイテムで、こちらは19世紀-20世紀初頭に学習用として出されたレプリカです
当時の犯罪者の頭部をモニタリングしたものだと言われています
素材は大理石を粉状にして固めたもの
骨相学とは、18世紀後半ドイツのフランツ・ヨーゼフ・ガルによって研究され、19世紀にヨーロッパを中心に広がり、脳の器官機能の差が頭蓋骨の大きさや形に影響するという学説である
この模型は犯罪者の頭の形を研究することにより、頭の形 頭蓋骨の形状と犯罪との関係を研究したものである
人種差別や植民地支配の正当化に利用されるようになり、その後20世紀になり骨相学は否定されました
しかし、歴史上とても興味深い説であります
小さな欠け・傷・スレ・塗装剥がれなどあります
※装飾品は含みません

サイズ:約50.3×57×90

¥11,000  ポイント:90pt