スズラン柄のプレート 3  BK229

ススランの柄が可憐なプレート
1900年初頭 france
本来あるはずの Ste AMANDINOISE ST.AMAND MUGUETと鶏のバックスタンプ がはっきり押さなかったのかほぼ確認できません
デザートより大きく、少し小さめのディナー・プレートで、ちょうど使いやすいサイズだと思います
フランスでは花嫁にスズランを贈る風習があり、花言葉は『再び幸せが訪れる』と幸せのお花です
別名を”君影草(きみかげそう)”また”谷間の姫百合”というらしいです
カトラリー後はあまりありませんが、見込みにシミのような跡・口縁にざらつきがあります
小傷・擦れ・シミ・ゴマ・貫入などあります
※装飾品は含みません

サイズ:約235×22mm

¥6,600  ポイント:50pt