光学実験用手持ち凹面レンズ  211115

光の反射実験の為の凹レンズ
19世紀 france
光を吸収する凸レンズとは逆に凹レンズは光を発散させます
木製枠は19世紀の特徴である黒い艶のある塗装
年月を経て、少し鈍くなった艶が良い味を出しています
レンズ枠に数式と番号が描かれています
持ち手下部に穴が空いていますが、飾りがあったものと思います
傷・汚れ・擦れ・アタリなどあります
※装飾品は含みません

サイズ:約74×224×19mm

¥19,800  ポイント:170pt