Biaude 2  MD031

パリ ヴァンヴで上質な古着を扱うマダムの店で人気は存在感を放っていたインディゴリネンのBiaude ビヨード
19世紀後期 フランス
ビヨードは19世紀 羊飼いや牛飼いがオーバーコートとして着ていた、おもにフレンチ・リネンをインディゴ染めしたスモックです
オーバー・コートなので身幅がかなり広くとても着やすいです
良い具合にインディゴが褪せて抜群の存在感です
別に手に入れた首元を飾るboucle de capeを取り付けました
輪っかを掛け替える事により首元の開きを調整できます
外してご使用にもなれます
ギャザーの取り方もとてもエレガントで素敵です
169cm 65kgの私が着ると、肩が張っておる私は肩周りが少しつる感じがしますが、それ以外は余裕があります
フレンチ・リネンは特別夏の素材ではないので秋から春までずっと着て頂けます
所々 穴あき箇所がありますが、古さ故の風合いです
一度洗濯しました
色褪せ・汚れ・穴あき・解れ・擦れなどあります
※装飾品は含みません

サイズ:身幅 約1050 肩幅 約590 袖 約560 丈 約970

¥81,000  ポイント:600pt