フリーメーソンの儀式用マスク  AD669

フリーメースンの儀式時に使用する目隠しマスク
1920年頃
ゴーグルのような構造で目隠し部分は上に跳ね上げ式
澁澤龍彦氏の『秘密結社の手帖』によると、
徒弟のための入社式は、錬金術の原理による象徴的な旅行を表す。
まず彼らは『反省の部屋』に入れられる。それは内部を真っ黒に塗った小さな部屋で、粗末なテーブルと椅子が置いてあるり、テーブルの上には水差し、パン、髑髏、それに杯が2個のっている
… 中略 … 新加入者は、この部屋で反省を行う。つまり、この部屋は錬金術のルツボを象徴しているので、彼はルツボに投げ込まれた物質のように、ここで一度死んで、生き返るのだ
… 中略 … まず先輩たちの質問に答え、誓約をする。しれから左の胸の衣服を脱がされ、右の足も裸にされ、さらに眼かくしをされ、試練を受ける
地、水、風、火の4つの試練を順次に受けるのだ。これが錬金術の国への旅行である
試練が終わって、ようやく彼が『光明を受ける』(眼かくしを外される)とき、すべての兄弟たちは、彼の裸の胸に剣の先を突きつける

この試練の目隠しに使われるマスクです
徒弟・職人・親方と階級を上げていく試験にも使われるようです
謎めいたフリーメーソンの 謎めいた儀式に使われていたものであると思うと、トキメキます
ベルトが一部切れています(私がギリギリ装着できます)
汚れ・傷・革のヘタリ・錆びなどあります
※装飾品は含みません

サイズ:約190×100×75(ベルトは含まず)

¥33,000  →  40%off ¥19,800