川島 朗 個展 『 最果て標本 』

期間 : 2022.9.23(金)- 9.27(火) 12 – 19時(最終日は17時まで)
場所 : antique Salon 博物蒐集家の応接間コンセプト・スペース

なも知らぬ最果ての街より届けられた、謎の標本箱や奇妙なオブジェたち
それは、誰かのいつか見た夢の中 ・・・
誰かの忘れ去られた記憶の断片に ・・・
過ぎ去った未来への望郷に、滞在する世界の秘密と不可思議に符合する

川島 朗
造形作家
1997年より架空の物語・神話・記憶をテーマにボックスオブジェやコラージュ作品を発表
近年の主な個展に
2019年『 失われていくものたちのソナタ 』(霧とリボン / 東京)
2018年『 アルマ・ランガーの秘密の部屋 』(antique Salon / 名古屋)
2016年『 秘密の植生 Dr.ラフレジオの部屋 』(gallery yolcha / 大阪)などがある

hp : akirak.info